≪ 2017. 10 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017. 12 ≫

フリーエリア

人気ブログランキングへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

ホームステイ・約30年ぶりの再会 

Flower-corsage3-small.jpg
今日はTV見ながらこんなの作って一日のんびり過ごしていま~す。
さて、これはどう使おうかな・・・







先週の金曜日の午後から日曜日までのたった2日と半分の強行スケジュールで
上の娘の用事の為に家から片道7時間をかけてLA方面に行っておりました。

今回の旅に、実はもう一つ目的がありました。

夫は大学生の頃、今からかれこれ30年近く前なんですが
LAの近くの街に少しの間ホームステイしていたんです。

そこのご夫妻にはとっても良くして頂いたそうです。

彼らに会いに行くのが、夫のもう一つの目的でした。

夫、大学卒業後に一度だけ伺った事があったらしいのですが、数度の引越しで
住所も電話番号も失くしてしまって連絡したくても連絡できなかったらしいです。

それが昨年、そのご夫妻の娘さんとフェイスブックで連絡が取れ
今回会おうという事になったらしいです。

夫、上の娘、私の3人でお家に伺いました。
ご夫妻(マム&ダッド)、彼らの娘さん、男の子1人が待っていてくれました。

30年の年月が経ったとは思えないほど、マムが夫に接する暖かさは
変わっていなかったと言います。
夫、嬉しさがにじみ出ていました。


しかし、会わない30年の間に彼ら家族はとても大変な日々を過ごしていました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村
ポチよろしくおねがいします!

初めて会う娘と私にダッドは目に涙をためて「この子を怖がらなくてもいいよ」と
言いました。
この子とは、彼らの孫です。

孫は、男の子で障害を持って生まれてきました。
彼は、体が全く動きません。
だから顔の表情が怖いのです。
いつも車椅子にいるので、背骨がとても湾曲していました。
マムが時々彼を持ち上げて態勢を変えてあげるそうです。

食べる事も自分でできません。
寝返りを打つことも。
ただこちらの言う事は分かるらしく、自分の双子の弟の
事を話すと嬉しそうな声を出します。
でも、皆が自分の話をしていると悲しそうな様子です。
彼は、よく分かっているんですね。

今は大学生だという弟の写真を見ると、長身の超かっこいい好青年でした。
ハイスクール時代にはフットボール・プレーヤーで活躍したそうです。

この孫達は、このご夫妻の娘さんの子供です。
彼女が若い頃、ある男性と恋に落ち身ごもります。
結婚前提の付き合いだったようです。
しかし、生まれてきた我が子に障害があるとわかると男は逃げてしまったと言います。

その後、ご夫妻は娘さんを助けるために障害のある孫を献身的に介護しています。
介護の為に夜も5時間以上眠れないと笑って言っていました。



マムはとっても明るい人で、私を笑わせてくれたり慰めてくれました。
「私もドイツ人だから英語には苦労をしたわ。
今でも私の英語は変よ。あなたが大変なのは分かるわよ。」と。
彼女の英語は、もちろん完璧ですが・・・

娘さんが、その日は息子さんを彼女の家に連れて帰ったので
マムとダッドを誘って晩御飯に行きました。

彼ら二人の馴れ初めを聞いたり、とても楽しい時間を過ごしました。
ダッドの手が病気で終始震えていて、物がつかみにくそうだったのが
痛々しかったのですが・・・

マムが20歳、ダッドが21歳の時にスイスで知り合ったそうです。
ドイツ人の彼女の両親は、第2次世界大戦後にすべての財産を失い
離婚してしまったといいます。
しかたないので、彼女はスイスに行きナニー(子守)の仕事をしていた時に
ダッドと会ったらしいです。
スイスで結婚してアメリカ人のダッドについてここに来たそうです。
お金が大変だったので8年間ドイツに帰れなかったといいます。
その間はとても寂しかったし生活が大変だったそうです。


今、マムは家で介護の傍らナニー(子守)をしているらしいです。
今見ている子が、とても賢くてかわいい子で「大きくなったらドクターになって
マムやダッドの病気を治してあげる。と言ってくれるの」と笑っていました。

本当にそうなったらいいなと思います。

夫のおかげでとても良い出会いが出来ました。


生きていくという事は、大変なものだな。
しかし、生きるって美しいものだな。
一生懸命に生きている、そんな人達との出会いでした。


2012. 04. 21. (Sat) 17:03  [living コメント:9  トラックバック:0

コメント














 

記事を一気に瞬きもせず読んでしまいました。

私もフェイスブックに、ブログの更新などを自動転送していますが、たまにあまりにいろんな人がフェイスブックで出てくるので怖いなぁって思っていましたが、こんな懐かしい人と再会できるのならば、いいものかもしれませんね。

障害を持った方を世話をしている人は本当に芯が強い方が多いというか、強くならざるをえないのですよね。

見習わなければと思うし、なんて自分は甘えているのだろうって思わされます。

人間だれしも同じ確率でこういう状況になる事があるのですよね。

一生のうちでそれが子供だったり兄弟だったり親の介護だったり。

とても考えさせられる記事でした。

コメント長くなってすみません!
2012. 04. 22. (Sun) 05:21 デザイン工房 TOMO [編集]

TOMOさん 

そうなんですよ、SNSも役に立ちますね。
今回、珍しく(爆)夫のおかげで良い出会いでした。
うん、私もいろいろ考えさせられました。
今回の記事はね、弱虫な自分の為に書き残しておこうと
思ったんです。
生きているといろいろありますよね~。
コメント、ありがとうです。
2012. 04. 22. (Sun) 08:57 らいむぱい [編集]

うんうん 

いい話ですね~。
人間は誰もが皆何かの役割を持って生まれてくるそうです。
一生懸命生きてる人たちを見ると感動して自分もがんばらなくちゃって思いますよね。
すぐ忘れちゃうんだけど。←忘れるな~。
2012. 04. 22. (Sun) 15:56 tamakiti [編集]

tamakitiさん 

そうなんです。
すぐ忘れちゃうのです。私も。
ボケかなー
2012. 04. 22. (Sun) 17:42 らいむぱい [編集]

 

いいお話で目がウルウルしてしまいました。
人間は普通に暮らしている事を当たり前だと思い、五体満足なのも当たり前だと思い、もっともっと上の事を望んでしまう。
それが人間なのだから仕方ありませんが、今日のお話を読ませていただいて、普通という事のありがたさ、素晴らしさがもう一度自分の中で再確認できた気がします。

人に話しをするときには「大変だった」といってしまえば数十年の大変さがいかに大変なのか、、、、なかなか伝わりきらないところもあると思います。
お年を召されて尚お孫さんの面倒を見ると言う事は、一つの張り合いでもあるけれど、体力的な処からすれば、辛いときもあると思います。
現にダッドの手は不自由そうですもんね。

根底にあるものは「愛」なのですよね?
それを強く感じるご家族という事が菱と伝わってきました。

私が日々不満に思っていること、そんなことはとてもちっぽけな事の様で、、、、恥ずかしくなりました。
2012. 04. 23. (Mon) 19:43 Tina94087 [編集]

Tinaさん 

そうなんです。この話は、あまりにドラマティックな出来事だったので
忘れないうちに書き留めておこうと思ったんですよ。
私はよくちっぽけな事でイライラします。
でも、まぁそれが普通かなーと思っています。
一生懸命にやっている事って、だからこそ色々と
思うこともあるんですよね。
コメント、ありがとうございます!


2012. 04. 23. (Mon) 22:02 らいむぱい [編集]

 

こんにちは

すばらしいご夫婦のお話
とても感動しました
ハンディを乗り越え生きておられる方々は 
強くて 深くて 暖かいですよね
すべてを包み込むようなオーラを持っておられます

「たくさん苦しんだ人が 一番幸せになれるんだよ」
と ある方に教えてもらいました

寒さに耐え咲く花が 美しいように
人もまた そうなんでしょうね^^
2012. 04. 24. (Tue) 00:42 fusami [編集]

fusamiさん 

そうですよね。
しかたない運命とはいえ、お母さんから一言も
グチめいた事を聞かなかったのは幸いでした。
私はとってもダメな人なのでいろんな事がありますが、
感謝の心を忘れないでいたら幸せになれるかなぁと
思います。おめでたい人とも言えるかも・・・(汗)
2012. 04. 24. (Tue) 20:17 らいむぱい [編集]

Re: fusamiさん 

あっ、このおめでたい・・・は、
私自身の事を言ったんです。
ちょっと冗談めかして。
でも、冗談って書き方難しいですね。(汗)
2012. 04. 24. (Tue) 20:32 らいむぱい [編集]

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。